有鹿神社 (あるか)

         H21.10.18(本宮)
         H23.3.19(有鹿之池、奥宮)

所在地 (本宮)海老名市上郷1-4-41
(有鹿之池)海老名市上郷1-12-18付近
(奥宮)相模原市南区磯辺1776-4付近(勝坂遺跡公園横)
現在の祭神 大日靈貴命 ( おおひるめむちのみこと )
摂末社 日枝神社 大山咋命   ( おおやまくいのみこと )
諏訪神社 建御名方命   ( たけみなかたのみこと )
稲荷神社 倉稲魂命   ( うかのみたまのみこと )
天神社 菅原道真   ( すがわらみちざね )
神明社 天照大御神   ( あまてらすおおみかみ )
社格等 旧・郷社
延喜式内社 相模国十三社
神饌幣帛料供進神社
狛犬 2対
その他





  



旧有鹿郷に鎮座する神社で、天智天皇の頃(664)には既に創建されていたとのこと。
当時は、忌部氏の祖である太玉命を祀っていた様子。
元々は、相模原市磯部勝坂の有鹿谷に鎮座していたようだが、現在はその地は奥宮となっている。
他にも、歩いて5分程度の場所に中宮がある。

なお、有鹿神社には大蛇に身を変えた姫(有鹿姫)の伝説が伝えられている。
また、当神社は、相模国五ノ宮格とも言われているようだが、平塚八幡宮もそうなので、調査中






  
大正8年建立









★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


有鹿天神社


右から、建御名方命(諏訪社)、大己貴命(日枝社)倉稲魂命(稲荷社)
ここで、日枝社が大山咋命でないのが謎ですが。





【有鹿之池】
H23.3.19撮影


有鹿之池と記されています。


池らしきものは見当たらず。






【奥宮】
H23.3.19撮影


奥宮は、相模原市の勝坂遺跡公園の傍にあります。


復元された竪穴住居




奥宮に向かう公園横の小道


奥宮


奥宮のほとりに流れる清水
左手の傾斜の上に遺跡公園があります。


傾斜の麓から水が湧き出ています。
洞窟とまでは行きませんが、紙垂の付いた小さな鳥居がありました。